トヨタハイエース 茶木目マホガニー調加飾

トヨタ ハイエース 50周年記念特別仕様車 内装「茶木目マホガニー調加飾」を後付けナビパネル(単色)に再現してみた!

作り方も公開しています!

まだ完成をご覧頂いて無い方はコチラ↓

◆スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED” 「茶木目マホガニー調加飾」再現した完成品はコチラ!
(純正茶木目マホガニー調との比較写真もあり!)
http://seedscraft.com/staffblog/2018/10/30/highace/

◆他の柄や施工事例ご覧になりたい方はコチラ
http://seedscraft.com

標準ナビをアルパイン製等のワイドナビに変えるとナビ枠も画面に合わせた専用枠に。その際、枠色がシルバー、ピアノブラックしか使用が無い為、装着するとそこだけ柄無しでバランス的にさみしいと感じるオーナー様が多いようです。

その為、発売以来 純正茶木目マホガニー調に近い感じで柄をいれられないかとのご要望が多く、オーナー・ディーラー様はもちろん当店で柄入れ技術を指導したショップさんからも多数ご依頼・お問合せがあります。

以前のハイエース特別仕様車 ダークプライムの黒木目マホガニー調と木目柄は同じですが今回は色合いが茶系で50周年記念車だけに黒木目より複雑な色の組み合わせになっており再現するにはベースとなる下色+数色の半透明な色を重ねて作ります。

※ここからは作り方にご興味がある方だけご覧下さい。

作り方をお知りになりたい方も多いようなので掲載することにしました。
ただ、この柄を再現するには半透明の色の塗り重ねと微妙な色の濃さの手調整が必要でかなりデリケートな技術になる為、十分お伝えしきれない点もあるのであくまでもガイドラインとしてご覧下さい。

又記載の色は当店使用の色で各塗装メーカーによって同じ色名でも微妙に色・調色時の効き方・初期時の上塗り対応性も違いますので再現する為のヒントとしてご覧下さい。
塗装プロでない方でもプラモデル等で使用するエアーブラシをお持ちであれば近い色を使って雰囲気は出せると思います。

工程多いので全5回に分けて配信します。
では柄入れてみようと思う方、かなりデリケートで手間がかかる作業です!ご覚悟を・・
ご覧頂き無理・面倒だと思われる方は当店でご依頼ください。(笑)

次回に続く・・・・

==========================================================

茶木目マホガニー調加飾

第1回 1.下色前の前処理 2.塗装の密着を良くする為の足付け 3.プライマー

第2回 4.茶木目マホガニー調加飾に近い下色を塗る 5.追っかけで半透明な色を入れる。6.10分間以上放置後、クリアーを追っかけ塗装

第3回 7.柄入れ前の前研ぎ 8.いよいよ柄入れ!

第4回 9.柄上に半透明な色3種類を入れ純正のような深みと近い色の見え方にする。

第5回 10.クリアー塗装(保護)

==========================================================

シーズクラフト株式会社 JAC施工事業部
http://seedscraft.com
マネージャー 久松 靖佳