ベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れ

ベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れ

毎週土曜日は施工事例バックナンバーを掲載!

今週はベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れを掲載します。
今週の施工品は千葉県のお客様からのご依頼でベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れです。
たぶん20年以上前の車だと思いますが・・(もっとかもしれません。)
本木パーツの天板ワレや今の車の内装にはあまり見られない素材・構造のパーツでした。
BOX・灰皿部は本木パーツで、経年変化で土台の木の部分のワレや膨張によるヒビワレがありました。
他のシフトカバー等の黒いパーツは、ぱっと見通常のプラスチックに見えますが、実際は土台の上に薄いスポンジが入って、その上に1mm位の厚さの樹脂がかぶさっているパーツでした。
写真見て頂くとわかりますが、1mm位の薄い樹脂はシボがついている状況でした。
これを全て修復して木目にとのご依頼です。
本木パーツはクリアーの浮き・ワレの状況がひどい部分は全て削って新たな土台を作ってから柄入れしています。
通常のプラスチックと違って、本木は水を吸い込んでしまうのでワレ以外の部分もすべて防水の処理してから、水圧転写を行っています。
黒い樹脂部分は樹脂が1mm位の厚さしかない事とその下に薄いスポンジが入っているので施工時に研ぎや磨き時に強く押すと少しへこむので通常とは違う手順と細心の注意が必要とされました。
木目の色合いは、旧車に合うよう木目でも少し黄色味を入れて、経年変化で本木の色褪せ感を出しています。
同じ内装パーツでもいろいろな状態や素材・構造があるので当社では状況にあわせ対応しています。
ご覧頂きありがとうございました。。。。

シーズクラフト株式会社 JAC施工事業部
マネージャー 久松 靖佳

ベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れベンツW107 450SLの内装品の修復&木目柄入れ