今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。

毎週土曜日は施工事例バックナンバーを掲載!

今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。
取付後の写真はお客様から頂いたものです。
お忙しい中、撮影して頂いてありがとうございます。。。
今回分はお客様のご予算をご提示頂いて、その内で出来るベストな 状態の施工を行うといった受注分の事例です。

施工代は30,000円(送料等は別)
受注時の条件としては・・

  • そのまま塗装が出来る状態で頂く(エンブレムは外した状態で)
  • 元の表面状態、そのままで施工
    元はメッキ部分と艶消し黒の樹脂素材(表面ザラ付きあり)

この2つの条件だけでも当社の通常施工よりも施工時間短くできるので上記価格となりました。
お問い合わせから「こだわっている感」が伝わってきたので 少し値引きした部分もありますが・・・(笑)
柄入れの場合は表面ザラ付きそのままは、お勧めできませんが、 今回の場合ピアノブラックで、グリル外周がメッキだったので デザイン的に良いと思われたので受けました。
出来栄えを見て頂くとわかりますが、ご予算に合わせたといっても仕上がりはかなり良い感じで上がっています。
メッキ部分は当社の高品質仕上げに近い形で写りこみもバッチリ!
お客様はご用意された赤のエンブレムをの相性もバッチリです。
又、ピアノブラックも一般的な塗装店で行われている・・
ピアノブラックに近い黒を塗装し、クリアーを入れたものとは違い、
当店では、ブラック塗装後→クリアー塗装→研ぎで平らにして→半透明ブラック→最終クリアー→仕上げ磨き ・・・の手順で行ってます。
こうする事で黒の深みが出て、リアルピアノブラックに近い感じになります。
その他、メッキ・樹脂と素材に合わせた密着剤を使用する等、下処理もしっかり行いました。
今回のようにお客様からのご要望を頂いて、当社経験でお客様のご満足頂けそうな施工品質が可能と判断すれば、こういった受け方もさせて頂いてます。

シーズクラフト株式会社 JAC施工事業部
マネージャー 久松 靖佳
http://seedscraft.com

今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。今週は、フォレスター グリルのピアノブラック塗装です。