水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介します

  • 水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介
    水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介

当社ご依頼を頂いた皆さま、この掲載をご覧頂いた皆さま・・

今年も一年間、本当にありがとうございました!

特殊な仕事の上、HP以外の宣伝も行っておりませんのに全国からご依頼、お問合せ頂いた事、本当に感謝、感謝です。

今年の締めくくりの掲載は・・・水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介します。

ご依頼の車はスバル インプレッサG4の内装パネル2点

純正パーツは写真の通り、シボ有りブラックのプラッチック(PP)です。

柄はスネーク!
なかなか内装の雰囲気に合わせるのはむずかしい柄ですが・・・

ちょっと写真ではわかりずらいですが、
ご依頼の車の内装色は黒がメインの車だったので、下色にシルバー+少量のブラック+少量のロイヤルバイオレットを使用する事で黒内装との相性を良くしています。

又、シフトパネル全体をスネーク柄にするのではなく、中部は艶消しブラックにする事で純正ぽく違和感がでないようなデザインにしました。

今年 最後の施工品のご紹介はこの辺で・・・

来年も当社ならではの「美品パーツ」施工をさらに追及していきたいと思います。
これからも応援宜しくお願い致します。

皆様の年末年始が楽しく幸せな時になられる事を願っております。

1年間ありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。

シーズクラフト株式会社 JAC施工事業部
マネージャー 久松 靖佳
http://seedscraft.com

水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介水圧転写ならではの柄入れ品をご紹介