イージーグラフィックス施工 / シーズクラフト㈱ JAC施工事業部




当店最高品質「クレセントムーン仕上げ」が出来るまで フル工程ダイジェスト(動画)

メーカー純正にも多く採用されている「水圧転写」は・・・
施工工程や施工者の技術力・手間のかけ方で仕上がりが大きく変わります。

一般的な簡易的な方法と最高品質仕上げ「クレセントムーン」では、
   品質はもちろん施工にかかる時間も 5倍以上違います。

カーボン柄

木目柄色合わせ


柄が入る仕組み。 物の形状通りに柄がはいります。

柄が入る仕組み。

物の形状通りに柄がはいります。

パーツに下色を入れ、専用の半透明の柄を密着させることで柄がはいります。
その後、保護膜のクリアーや色を入れます。

水圧転写と呼ばれるこの工法は水圧による水の流れを利用した柄密着方法
パーツの複雑な形状通りに柄が入るのが特徴です

柄が入る仕組み。

物の形状通りに柄がはいります。

文字やイラストを入れる 柄入れの最大サイズ

お好みの色あいに

文字やイラストを入れる

柄入れの最大サイズ

4~8層の塗装と柄が重なって木目柄が出来上がります。その為、色の組み合わせによって、最終の色合いを変える事ができます。

柄と塗装の間の層に文字やイラストを入れる事ができます。。代表的なものは車内装パーツのマークです。

柄入れ可能サイズは、幅60cm×長さ2mまでが基本です。「柄つなぎ施工手法」と「長物用一柄入れ手法」(当店オリジナル)があります。

お好みの色あいに

文字やイラストを入れる

柄入れの最大サイズ


TOP