イージーグラフィックス施工 / シーズクラフト㈱ JAC施工事業部




仕上質感の違い

高質感を演出するには、
柄上カラークリアー追加と最終表面の鏡面性(平滑性)が鍵!

柄上にカラークリアー(下記ブラック)を入ると深み感が増して高品質に見えます。

クレセントとEG-Rとの違い

< 無し >



< 有り >


柄入れ+保護クリアーのみと高品質仕上げでは最終表面の鏡面差がこんなに違います。

※蛍光灯を映しこんでみました。

<柄+クリアーのみ>
柄+クリアーのみ
<各層手研ぎ高品質>
各層手研ぎ高品質

人の目だともっとハッキリ違って見えます!

施工品への映り込み(風景等)の差は見た目の品質に大きく影響します。

一般的な左の仕上げとは違い右の高品質は各塗装層で平らにする手研ぎ
施工時間も5倍以上かけて鏡面状に仕上げて行きます!

 


当店はご予算・ご希望品質合わせ4つの仕上品質を用意しています。



■ クレセントムーン仕上げ(最高品質) 5年保証付き
 (艶あり仕上)に近いクリアーの膜厚感のある鏡面状の質感。
<特徴・施工内容>
 ・鏡面状の仕上がりでパーツに映り込む風景もハッキリ!
  車販売のプロの方も驚く文句なしの高質感
 ・高級車によくみられる上質な肌さわり感!
 ・柄入れ後の保護クリアーは最高品質を使用し、
  しかもWのクリアー耐候性・耐久性は
  純正ボディー塗装同等もしくはそれ以上!
 ・一級職人がほぼ手作業で完成まで約60工程以上!
  施工動画はコチラ→
 ・高質感を出す為のカラークリアーを通常使用の為、
  割増料はありません。


■ EG-HQ(イージーハイクオリティ)
  車のボディー塗装に近い、少し肌が波打った仕上がり。ただ、最高品質同様Wクリアーで耐候性・耐久性!
<特徴・施工内容>
 ・最高品質のクレセントムーンに近い質感。
  違いは各層の研ぎ時の最終番手の違いと
  最終磨きの開始番手の違い。
  パーツに当たる光の角度によっては
  塗装波・柄インク凹凸が見える程度。
 ・車のボディー塗装と同等品質なので塗装のゆるやかな波が
  気にならない方はこの仕上げがお勧め。
 ・Wクリアーでししっかり保護。
  車のボディー塗装同等もしくはそれ以上!
 ・高質感を出す為のカラークリアーを通常使用の為、
  割増料はありません。


■ EG-HB(イージーハイブライト)
  パーツのメイン面はEG-HQに近い高質感、側面等見えにく部分は安価仕上げ!質と価格を考慮した仕上げ
<特徴・施工内容>
  ・パーツの目立つ部分は高質感仕上げ、
   側面等光が直接当たりにくい部分は
   レギュラー仕上げに。
   「価格は抑えて一見高品質に」という方にお勧め!
  ・保護クリアーは高質感仕上げにも使用される
   膜厚のある最高品質クリアーを使用。
   但し、保護クリアーは一層
  ※カラークリアーご希望の場合は割増が必要です。


■ EG-R(イージーレギュラー)
  価格を抑えて柄を楽しみたい方にお勧め! ネット販売等で売られている安価な柄入れパーツと同等品質
<特徴・施工内容>
  ・安価といっても柄入れは高品質同様に
   シビアな柄入れです。
  ・クリアーは高品質に比べ
   膜厚の薄いボディー塗装補修用を使用
  ・お選び頂いた柄のインク凹凸を拾います。
  ※カラークリアーご希望の場合は割増が必要です。

その他、ご不明な点はご連絡下さい


TOP